美容整形でエラ削りに失敗しマスクが欠かせない顔に

これは失敗?修正できないエラ削り

麻酔から覚めると言われた通り顎の感覚はありませんでしたし、最初に先生が言った通りの経過を辿って行きました。
二週間は腫れあがって激痛との戦いでしたが、綺麗になる為の手段と言う事で何とか乗り切る事が出来ました。
この時点では包帯を巻いているので手術の結果がまだ解らなかったのですが、先生からも手術は成功したと言われて居ました。
そして三週間後にすっかり腫れは引き抜糸をする事になったので包帯を取り除いて行き鏡を見て余りのショックに倒れそうなほどでした。
エラ削りは成功と言えるのですが削り過ぎて頬骨が出っ張っている状態になって居るのです。
直ぐに先生に削り過ぎではと訴えましたが、時間の経過と共に頬に筋肉が戻ってくるのでふっくらしてきますので心配無いと言うのです。
その言葉を聞いて一安心して経過観察をするようになりました。
それから一週間後に会社にも復帰したのですがまだマスクは外せないままで、一ヶ月二か月と過ぎて行きましたが全く頬に肉は付いてきませんし、頬骨が飛び出して居るように見えるので以前の顔とはまるで別人のように感じます。
化粧で誤魔化せる範囲では無いので何とか先生にして欲しいと訴えましたが、エラ削りは修正が効かずもし頬に膨らみが欲しいのであればヒアルロン酸注射でふっくらさせますと言うばかりです。
ヒアルロン注射は効力が三か月程で無くなってしまう事もあり、長期間打ち続ける事は出来ないし別料金で支払いになると言うのです。
手術前に同意書にサインをしてしまったのでもう諦めるしかありません。
それからはずっとマスクを付けて生活して行く事になりました。

どうしても受けたかったエラ削り整形これは失敗?修正できないエラ削り