美容整形でエラ削りに失敗しマスクが欠かせない顔に

どうしても受けたかったエラ削り整形

整形 エラ削り 失敗 / 整形しすぎ芸能人

どうしても受けたかったエラ削り整形これは失敗?修正できないエラ削り

昔から顔の形が気になって居て子供の頃はエラが張って居る事でからかわれる事が多くありました。
子供ながらにかなり傷ついた経験があり、中学校からは髪をなるべく伸ばすようにしてエラの張りを隠すようにして居ました。
夏場は色々な髪型にチャレンジをしたいと思いながらもポニーテールにしてしまうと、エラがはっきりと目立ってしまうので出来ない事で本当に悲しい思いをして居ました。
社会人になるとパーマをかけてかなり誤魔化す事には慣れて居ましたので顎周りが目立たない髪型で出来る範囲のお洒落を楽しんで居ましたが、やはり色々な髪型がしてみたく自分にも自信を持ちたいと思い、美容整形の事を考えるようになって行きました。
目や鼻には全く不満が無かったのでエラ削りさえすればかなり自分の理想な顔になると思いましたが、美容整形の中でもエラ削りはかなり困難とされる部類の手術で時間と費用が掛かると知りました。
安くても100万円以上の手術で全身麻酔を必要とするのでかなりの覚悟も必要になります。
また術後は二週間は顔にサポーターを巻いてしっかり固定しなければならないので時間もかなり掛かる手術になるので、社会人で長期間休暇を取る事も難しくとても悩んで居ました。
失敗例の写真もネットで見たりしたので怖いと言う気持ちはありましたが、人生は一回しかないと決断し一年かけてお金を貯め初めて手術を受ける時には長期休暇を取れるようにと、仕事に励み美容整形外科へ相談した所、大変感じの良い美容整形の先生に担当して貰う事になり、かなりの人数のエラ削りをして居る方でもあったので安心して手術を受ける事にしたのです。
長期休暇は有休を合わせて一ヶ月取り手術費用として多めの120万円をかけてやっと手術を受ける所まで漕ぎ付けました。
先生と削る部位については綿密な相談をして、後遺症が残った場合の事等を詳しく説明して貰いました。
顎の神経を傷つける事もあるので顔面にマヒが残ってしまうリスクもあると説明をしてくれたので覚悟をして手術当日を迎えました。